挨拶のことば

 

(一社)菊池郡市歯科医師会のホームページへようこそ!

会長顔写真

 2021年6月26日から新たに会長に就任しました、城 敦哉です。(一社)菊池郡市歯科医師会のホームページへようこそ。
本会は菊池市、合志市、菊陽町、大津町の二市二町の歯科医師で構成される歯科医師会です。本会は現在会員数80名あまりを有し県下第2の規模を誇っています。皆様のお近くの歯科医院もこのホームページから検索できますよ。

さて、10数年前から「歯とお口の健康」が「全身の健康」と密接に関連するというエビデンスが多数蓄積されてきました。例を挙げますと、『歯周病と糖尿病は密接に関連し、歯周病の治療を行うことで血糖値が改善する。』『自分の歯が20本以上ある高齢者は、歯がほとんど残っていない高齢者に比べ医科医療費が2/3で済んでいる。』『介護施設において専門的口腔ケアを行うことで、入所者の誤嚥性肺炎を予防する。』など枚挙にいとまがありません。
そのようなエビデンスの蓄積を受けて、日本政府が毎年6月ごろに策定する「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」にも歯科関連事項が5年連続で明記されています。
2021年度は「全身との関連性を含む口腔の健康の重要性に係るエビデンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた切れ目のない歯科健診、オーラルフレイル対策・疾病の重症化予防にもつながる歯科医師、歯科衛生士による歯科口腔保健の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護、障害福祉機関等との連携を推進し、歯科衛生士・歯科技工士の人材確保、飛沫感染等の防止を含め歯科保健医療提供体制の構築と強化に取り組む」方針を打ち出すとともに、「今後、要介護高齢者等の受診困難者の増加を視野に入れた歯科におけるICTの活用を推進する」としています。

本会におきましては、以前から『地域に信頼される歯科医師像の確立に向かって』『ライフステージに応じたきれめのない「歯および口腔の健康」の推進』というテーマを掲げ、会務に取り組んで参りました。今年度より以上の2項目に加えて『伝統・継承そして進化』というスローガンも加えて、より地域に貢献できるよう会務を進めて参ります。

数年前、ある雑誌に「リタイア前にやるべきだった後悔トップ20」という特集記事が組まれていました。その記事の中で、健康について後悔している事の第1位は「歯の定期健診を受ければよかった」でした。
「歯科」は「医科」のように直接、命に関わる事は少ないかもしれません。しかし、「歯科」は雑誌の記事に見るように「生活の質を支える」大切な医療なのです。

さあ、皆さん、ホームページをご覧いただき近隣の歯医者さんを訪れてみて下さい!
また、ご意見等ございましたら遠慮なく記載していただければ幸いに思います。

 

 

一般社団法人 菊池郡市歯科医師会
会長 城 敦哉